アンティーク
懐中時計スタンド
1825-1855年代

ワイン好きの憧れの街、ワイン醸造やつぐみ横丁で有名なライン川沿い、ドイツリューデスハイムの'ANTIK'と看板のかかったお店を見つけ、早速中に入りました。中は古いものでごった返していたので、隅から隅までくまなく見て、埋もれていた美しい品を見つけました。

その昔、懐中時計は大変貴重なもので、横になって休む時は、懐中時計スタンドに置いて大事にしていたそうです。フランス王ルイ・フィリップ1世時代の頃のもので、フランスでは華やかなデザインが多い時代。こちらの懐中時計スタンドもピンクとゴールドの美しい曲線がその時代を感じさせます。現代においては、お店のディスプレイや、アクセサリー置きなどお好きにお使いいただけるかと思います。

ドイツの辺境はある時代はフランス領、ある時代はドイツ領と時代による変遷があるため、このようなフランス製の古いものがオークションに出てくると店主談です。

余談になりますが、こちらのアンティーク店の店主は体格のいいロマンスグレーの男性で、スペインからの移民だとのことでした。彼自身はドイツで生まれ育ち、リューデスハイムに住んでおり、自宅に帰ると奥様に掃除してなど言われてしまうので、アンティーク店で犬と一緒に古いものと一緒にいる時間が幸せなんですって。こちらの懐中時計スタンドは個人のコレクション品で、地元のリアルオークション(ネットオークションではない)で入手されたそうです。

●サイズ:高さ約8.5cm、底直径約6cm
●ガラス、メタル
●フランス製(ある時代はドイツ領、ある時代はフランス領になったりとの変遷を経ているためはっきりしませんが、フランス製と思われます。)
●年代:店主によると5年から10年の前後のズレはあるが1825-1855年くらいのものとのことですが、推定になります。
●買い付け個数:1個

※各端末の色合いにより、実際の色合いとは異なって見える場合がございます。
※サイズは丁寧に採寸しておりますが、サイジングの仕方により多少の誤差が出る場合がございます。
※古いものですので、経年による汚れ、小キズ、歪みがある場合がございます。
※底に白いシールを剥がしたような破片が残っています。しっかり削れば剥がれそうです。
※写真のアクセサリー、小物はつきません。
※貼ってあるシールはオークションナンバーになります。

こちらの商品は1点のみの買い付け品のため、ご注文後の返品、交換は原則的に受け付けておりません。
気になる点がございましたら、お気軽にお問い合わせくださいませ。

※海外発送ご希望のお客様は発送国・重量で送料が異なり、輸入規制品も異なりますのでご購入前にお問い合わせくださいませ。
We ship products overseas (except certain areas).
All the shipping and related fees are to be paid by customers.
Additionally some countries charge custom fee.
For more details, please contact your local customs.
For shipping, we usually use EMS(Express Mail Service) by Japan postal service.
http://www.post.japanpost.jp/int/charge/list/ems_all_en.html
As for shipping fee, it depends on areas. Please feel free to contact us regarding this matter.

info@holosphere.shop
販売価格 15,800円(内税)

CATEGORY

GROUP

CONTENT

モバイルショップ